TOP > 小田実氏追悼集会=小田さんの一生の行動を突き動かしたものは「人道的怒り」
 ← アクロスで「どうぶつ色鉛筆画展」-色鉛筆で生き物らしさ表現 | TOP | 著作権の“日本モデル”は可能か――保護期間延長問題

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


小田実氏追悼集会=小田さんの一生の行動を突き動かしたものは「人道的怒り」 

2007年08月24日 ()
「日本一の村」を超優良会社に変えた男
【PJ 2007年08月15日】- 「市民の意見30・関西」(世話人:北川靖一郎氏)は14日、大阪市立弁天町市民学習センターで、特別例会「小田実追悼 8月14日と小田実さん」を開催した。この日の例会は先月30日、胃がんで死去した作家・小田実氏に追悼の意を込め、小田氏が生前8月14日に集会を開催し、自身が体験した空襲で見えたもの、見たものを市民に伝えていたことを受け継ぐ形で行われた。語り手には、白石憲二氏(立命館大学客員教授・朝日新聞大阪本社編集局)と田中利幸氏(広島市立大学広島平和研究所教授)が招かれた。

 田中利幸氏は「小田実思想と8・14-「人道的怒り」の原点-」と題して、約1時間半にわたり、小田氏の思想と活動の原点にあったものについて語った。

 田中氏は、「小田さんの思想と活動の原点は、この日が小田さんにとって、いかに重要だったか。というのは、毎年8月14日に集会を続けていたことや、この日の体験に言及しながら戦争と平和、戦争責任問題、天皇問題などを論じた著作からもおわかりいただけるかと思います。最後の本となった「中流の復興」にも、大阪空襲の体験のことを書いておられます。空爆で死んだ人たちの腐った臭(にお)いについても、触れておられます。死体が臭うという具体的な生々しい体験、それは、空爆の被害者体験の具体性だと思います」と話した。

 さらに、小田氏が8月14日にあれほどまでにこだわったもう一つの理由があるとして、田中氏は、その理由を次のように語った...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


平和のために人権を


◆政治関連ブログ記事
世界はあふれている
... 空母! 爆撃機! ミサイル! 地雷! 偽装爆弾! クラスター爆弾! そこには! 戦争ビジネスの死の商人たちが! 暗躍する! 政治権力と! 国家間の利害対立! それが! 絡み合う複雑怪奇な世界だ! しかし! いつも! 犠牲になるのは! かよわき! 婦人と ...

yahoo 経過 提供 更新について
... 仕事 一度 オークション 版 もはや パケット カテゴリ 思い出し 楽しみ 役立ち 充実 一目瞭然 人気 地図 ニュース 政治 見どころ 全 アイコ 下 時間 土地 お天気 目的 料金 飲食 ? 時 悪い 各 遊び グルメ そんな バーコード 試合 今 テレビ 規約 下り坂 ...

善き人のためのソナタ
... 愛国心を口にする為政者や財界人の多くは、現日本の政治体制を守ることを愛国心だと思っている。現日本において既得権益を確保している彼らにとって、現体制が崩れることは自らの既得権益を放棄することにほかならない。 ...

高度経済成長と格差の時代
... こうした事情か、ホームレスの青いビニールテントが大阪などの一等地に目だってから 久しいし、京都・鴨川の橋の下にも青いテントが顔をのぞかせている。 政治の舵取りは難しい局面を迎えている。

歯科50万署名推進ニュース ・ 最近の...
... jp/science/news /20070824it01.htm ●治療を受けられずに死ぬ人増加…は日本の未来! マイケル・ムーアの『シッコ』試写で政治家訴える!/シネマトゥデイ http://cinematoday.jp/page/N0011306 関連: *映画「シッコ」は日本医療へ ...

参院選を自民・総括委が敗因分析。安...
... また、組閣に際しての論功行賞人事や郵政造反議員の復党、政治とカネの問題については「安倍首相が一般国民の側ではなく、永田町の政治家の側に立っているようなイメージをもたれた」と強調。その上で「国民から指導力 ...

人事、復党も敗因…自民参院選総括委...
... 判明した。 惨敗を招いた要因として、年金記録不備と「政治とカネ」問題、閣僚不祥事という「逆風3点セット」だけではなく ... 一連の問題への対応について「一般国民の側でなく、永田町の政治家の側に立っているようなイメージを持たれた」と異例の批判を ...

夏の甲子園で優勝した佐賀北高校の佐...
佐賀県で頭に浮かぶのが①佐賀藩の鍋島家、②佐賀藩出身の大政治家大隈重信、③葉隠(はがくれ) ①佐賀藩は、36万石で鍋島家が260余年11代続いた。 ... ②大隈重信は明治時代、日本の代表的な政治家で早稲田大学の創設者、初代早稲田大学総長。 ...



◆政治関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.08.24(Fri) 17:19] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← アクロスで「どうぶつ色鉛筆画展」-色鉛筆で生き物らしさ表現 | TOP | 著作権の“日本モデル”は可能か――保護期間延長問題

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog001046.blog103.fc2.com/tb.php/1018-d5812681
 ← アクロスで「どうぶつ色鉛筆画展」-色鉛筆で生き物らしさ表現 | TOP | 著作権の“日本モデル”は可能か――保護期間延長問題

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。