TOP > 川口2本止めた神の手!!豪にリベンジで4強…アジア杯
 ← 格闘家デビューする清水健太郎が押尾学との一騎打ちを要求! | TOP | ウッズあきらめない!1アンダーに

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


川口2本止めた神の手!!豪にリベンジで4強…アジア杯 

2007年07月22日 ()
ホルターネック&ハワイ柄でもっと夏気分♪パンツのポケットが可愛い!ハイビスカス×ホヌ♪カ...
 ◆アジア杯準々決勝 日本1-1オーストラリア PK4-3(21日・ハノイ)川口の神の手が1年前の恨みを晴らした。準々決勝でオーストラリアと対戦した日本代表は後半24分、CKからFWアロイージ(31)に先制点を許したが、その2分後にFW高原直泰(28)が同点ゴール。1-1のまま突入した延長戦でも勝負がつかず、PK戦ではGK川口能活(31)が2本を止める大活躍。前回のVロード再現を思わせる奇跡のセーブで、06年ドイツW杯で敗れた宿敵にリベンジを果たし、3連覇へ向けて25日の準決勝(ハノイ)へ進出した。
写真はコチラ

 動かない。長い助走からFWキューウェルがボールに迫ってくる。それでも、川口は微動だにしない。低い重心を保ち、前方に鋭い視線を送る。相手の左足がシュートモーションに入ったその時、下半身にため込んだ力を一気に放出。左方向に跳ぶ。左手にボールの感触が残った。日本ベンチは歓喜の絶叫に包まれた。

 120分の死闘の末のPK戦。後半31分から10人の戦いを強いられたオーストラリアは再三のピンチをしのぎ、状況を五分に戻していた。流れは相手にある。先攻の1本目。決められれば日本に大きな重圧がかかる場面で、守護神が立ちはだかった。「何で止められたかは分からない」無心だった。

 2本目。DFニールのシュートに対し、今度は右に跳んだ。右手がボールをはじく。完全に相手の勢いを殺した。最後のキッカー、DF中沢が勝利を決定した瞬間、突進してきた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


お勧め! LeSportsac7539-3726


◆スポーツ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆スポーツ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.22(Sun) 09:21] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 格闘家デビューする清水健太郎が押尾学との一騎打ちを要求! | TOP | ウッズあきらめない!1アンダーに

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://blog001046.blog103.fc2.com/tb.php/790-bf61bdb5
 ← 格闘家デビューする清水健太郎が押尾学との一騎打ちを要求! | TOP | ウッズあきらめない!1アンダーに

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。